内容物の紹介!付属品や素材をチェックしよう!

内容物の紹介!付属品や素材をチェックしよう!

内容物の紹介!付属品や素材をチェックしよう!

 

巻き爪ロボは購入すると上の画像のような本体以外にもいろいろ付属してきます。
それら内容物をこれからに紹介。

 

あと、素材や手触りなども簡単にまとめてきます。

 

内容物はコチラ

 

  • 巻き爪ロボ本体
  • ケース
  • 爪を抑えるパーツ5種類
  • 使い方説明書
  • 医療機器証明書
  • 巻き爪ブロックの測定シール

 

以上です。

 

 

 

爪を抑えるパーツ

爪を抑えるパーツというのはフックの真ん中についてる白いものです。
これが5つ種類、大きさごとに対応できるように入っています。

 

 

付け替えもスポッとはめるだけなので難しくありません。
細かく付け替えてベストなサイズを探していきましょう。

 

説明書の丁寧さ

使い方が書いてある説明書ですがこれのクオリティがなかなか高いです。

 

 

イラスト付きでかなり丁寧に解説されています。
海外製のものだとここまで丁寧に作れないですよね。
これに沿ってやればまず間違うことはないでしょう。

 

医療機器証明書?

実は巻き爪ロボは医療機器の認定を受けてる器具なんです。
⇒巻き爪ロボの効果の根拠紹介

 

 

公式サイトでもこのように紹介してるんですが、あれはが嘘じゃないよということで送ってきてくれます。
この医療機器として認定しているということは、巻き爪ロボが謳ってる効果は本当だという証明にもなっています。

 

巻き爪ブロックの測定シール

これは巻き爪ロボと同じ会社が販売してる巻き爪ブロックというものに関してのアイテム。
⇒巻き爪ロボとブロックの違い、比較

 

爪にペタッと貼ることで正確に爪の長さを測定することができるんです。
そしてその長さにあった巻き爪ブロックを買うということですね。

 

 

 

 

 

 

ブロックは矯正というよりは固定する、という意味合いが強いのでちょっときついくらいじゃないと意味がないんです。

 

素材、硬さ

素材に関しては特別なものは使ってない感覚でした。
本体、つまみの部分は金属です。
ステンレスか何かでしょうかね。

 

金属アレルギーなどある人はちょっと注意して使うといいかもしれません。
直接肌には触れませんが念のために。

 

フックの部分はタイプAとBで素材が違います。
Aがプラスチック、Bは本体のまま金属です。

 

 

片方だけ白いのがわかりますか?
だからどうということでもないんですが同じく金属アレルギーの人は注意。
⇒AとBの違いについてはコチラ

 

 

 

付属物などの解説は以上です。
個人的には箱がすごいきれいでかっこいいので使わないときはそこにしまっています笑

 

結構デリケートなので定期等に扱ってると壊れちゃうので注意が必要です。
一応保証はありますができれば使わずにいたいですよね。
⇒1年間保証の詳細


 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 使い方まとめ 使用時の痛みについて ビフォーアフター画像 公式購入サイトはコチラ!